不満や愚痴

こんばんは🌆

米国NLP(tm)認定コーチ、

米国NLP(tm)認定ビジネスプラクティショナー森です。

(アメブロさんで書いた以前の記事を編集して再掲載しています)
2019年9月10日の記事より~


皆さんは日常、ネガティブな言葉を使ったり相手を非難するような話をよくしたりしますか?
普段あまり意識せず、日常の不平不満を言ってたり、家族の愚痴を言いたくなったり。

私は、お恥ずかしながら少し前まで結構していたように思います。

できれば、不平不満を言わず黙々と行動できる方が素敵じゃないかなぁと思うんですよね。^ ^なのにどうして言ってしまうのでしょうか。

不平不満や、誰かの悪口を別の人と言う時
一時的に少しスカッとするんですよね。

なんとなくそのスカッとする感覚が、憂さ晴らしができたように感じていました。

でも今は、極力言わない、言わずに心がとても穏やかに過ごせています。

その秘訣は・・・

NLP心理学を学んでいく中で、その起こった現実や言葉を他の意味として考える技術があります。私はそれがとても大切だなと感じています。

よく例えられる、例えなんですがコップに半分水が入っています。

その水の量は、多いでしょうか?少ないでしょうか?と言うもの。

その人それぞれの感覚で多いとか少ないと言うふうに言うでしょう。

悪口を言っている状態と言うのはその状態に似ています。
自分が見たり聞いたり感じたりしたことを、自分なりに(コップで言うところの多いとか少ないという)判断をして、自分が、許せない、または不満や不安だと認識している状態。

しかしその体験は同じでも、もし別の見方ができたらどうでしょうか。という事なのです。

体験が同じであるここがポイントですね。

コップに半分の水、そのコップを砂漠に持っていったらどうでしょうか?

きっと、足りない少ないと感じるのではないでしょうか?

ではコップ半分の水、そのコップで薬を飲むと考えたらどうでしょうか?

十分足りていると言うふうに感じるのではないでしょうか。^^

相手の行動や物事には必ず肯定的意図があると考えられています。

肯定的意図についてはまたいつか書きたいと思います。

要は別の見方をすることによって、自分にとってプラスの考え方をすると言うことなのです。

それができたら、「悪口を言う」と言う行動が変わってきますよね。

その影響は、周囲の人だけでなく1番近くにいる「自分」に大きく影響します。

そんな魔法のような言葉の力を体験する講座を開催します。

自分の無限の可能性や、力をより発揮したい方。
普段日常で使っている言葉がどのように自分や周囲に影響しているかを知ることができます。

是非体験してみませんか?

初めての方でも安心!「ことばの魔法」体験講座

日時:2019年11月3日(日)受付開始13:30

講座開始 14:00~16:30

会場:高知ぢばさんセンター1F 商談室2 高知県高知市布師田3992-2 ※駐車場有

参加費:3,000(当日払い)

募集人数:6名程度

お申込み:080-6392-0814  森まで ※ご不明な点など何でもお気軽にご連絡下さい。

image

最後までご覧くださりありがとうございまっす!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)